HOME > 小児科ブログ

小児科ブログ

港区内における麻しんについて

先日港区在住の方が麻しんと診断されました。大人でも子どもでも発熱と発疹がみられた場合には注意が必要となります。受診する場合は必ず電話で連絡をお願い致します。また、1歳未満のお子さま(生後6か月以上)については、お母様からの移行抗体が無くなっているため、ワクチン接種をお勧めしています。定期接種外のため、自費接種となります;MRワクチン10,800円(税込み)。

熱中症にご注意下さい

連日暑い日が続きます。大人でもバテますが、お子さまは特にご注意下さい。外のお散歩ではアスファルトからの距離が大人より近く、また公園などで夢中になって遊んでいると、脱水症になりかねません。糖分や塩分を含む飲み物をこまめにとるよう心掛けて下さい!小児科では胃腸炎や熱中症による脱水症に対して点滴をすることもできます。ご相談下さい。

手足口病やヘルパンギーナなどの夏かぜ流行中

高熱とともに手足にブツブツができ、口の周りや喉の奥にもブツブツができる手足口病やヘルパンギーナなどの夏かぜが流行中です。夏かぜウィルスの仲間であるコクサッキーウィルスやエンテロウィルスが原因です。ウィルス疾患のため特効薬はありませんが、一時的に熱を下げる解熱剤などの薬を適宜使用して頂くことはお勧めしています。また喉が痛くて唾をのみ込むのも難しくなる場合もありますので、食事はゼリーやプリンなど喉ごしが良いものがお勧めです。

6/25(火)の午前はアレルギー外来です

以前より食物アレルギーや喘息、アトピー性皮膚炎など、アレルギーに関する相談が多いです。初期段階で治ることもあれば、長いお付き合いになることもあります。今後不定期ではありますが、月1回程度、アレルギー専門医による診療を開始したいと思います。花粉症やアレルギー性鼻炎かも?などの相談でも構いません。昭和大学小児科講師の神谷太郎医師による診察になります。ご予約お待ちしております。


1

アーカイブ

このページのトップへ